ずっと使っていたリンナイのガスコンロの火が付かなくなった。

そんな場合の対処法を書いていきます。

 

ガスの元栓が閉まったままではないか?

 

元栓を閉めていると当然ですがガスが供給されないので

火が尽きません。

 

火が付かないと思ったら

まずは元栓を確認しましょう。

 

意外と元栓を開き忘れているのは多いです。

 

電池が切れていないか?

 

コンロは点火させるときに電池が必要です。

点火させる瞬間だけ必要なので結構持ちますが忘れたころに寿命が来ます。

 

ガスは出ているけど火が付かない場合なら

電池が切れているかもしれませんので確認してみましょう。

 

最近のコンロは電池切れサインがでるのですぐに分かりますが、

昔のコンロだとないものもあるので気をつけましょう。

一般的に単一電池2個です。

 

昔のかまどみたいにマッチでつけることもできますが

危険なので電池を装填しましょう。

 

バーナーキャップに問題はないか?

 

バーナーキャップとは上についている黒い輪っかの部分です。

この部分が汚れていたり、定位置からずれていると炎が出なくなります。

汚れていたらタオルで拭いたり、歯ブラシで掃除しましょう。

 

また、バーナーキャップが濡れていると

立ち消え安全機能が付いているガスコンロの場合、火が消えてしまいます

 

鍋やフライパンなどが濡れている状態でコンロに置くと

火が消えてしまうこともあるので注意しましょう。

 

ゴムホースが折れていないか

 

ゴムホースとは、ガス栓とコンロをつなぐホースのことですが

このホースが折れていないか確認しましょう。

 

ホースが折れていると途中でガスの供給が止まるため炎が出ません。

 

原因が分からなければ修理するか新品のコンロを買いましょう

 

一通り自分でやってみたけど

それでもどうやって治せばいいのかわからなければコンロ自体に問題がある可能性があります。

その場合修理に出してみましょう。

 

 

しかし、機械の修理は安くありません。

修理代で新品のコンロが新しく買えることも珍しくありません。

 

そのため修理よりも新品を買う方がオススメです。

 

 

コンロはいろいろなものがありますが、

真っ白でオシャレなコンロのホワロがオススメです。

 

ホワロについては別記事でまとめましたのでご覧ください。

オシャレなガスコンロのオススメは「ホワロ」で決まり!!