画像を見ていただければ分かるように

リンナイのVamo.にはグリルがついていません。

 

なのでVamo.では魚が焼けないと思っているかもしれませんが、

Vamo.でもフライパンを使えば魚を美味しく焼くことができます。

 

しかもフライパンで焼く魚は美味しいです。

 

グリルなしでも魚が美味しく焼ける理由

 

フライパンで調理をすることで魚をおいしく焼くことができます。

 

 

フライパンに蓋をして蒸し焼きにすると魚が蒸し焼きにされふっくらとした仕上がりになります。

 

焼き魚を作る際も強火で素早く表面を焼き、うまみと水分を閉じ込めて逃がさないようにすることでおいしく焼き上げることができます。

 

グリルを使うと油が下に落ちてしまうのでフライパンを使うと油が落ちずに一番おいしい状態で魚を焼くことができるのも美味しく仕上がる理由の一つです。

 

脂が気になる方であればクッキングシートをしいたり、グリルパンを使うことで余分な油を減らすことができます。

ですが、魚の脂は悪玉コレステロールを減らすという効果や脂肪になりにくいと言われているので

なるべくは摂られた方が良いでしょう。

 

フライパンで美味しく魚を焼く方法

 

フライパンで魚を焼くときの注意点ですが、

海水魚は身を下にして焼き、淡水魚は皮を下にして焼きます

 

 

なぜ海水か淡水かで焼き方を変えるのかというと

海水魚は皮から焼くと皮が破れてしまって身が割れてしまうからで、

淡水魚は皮がぬめぬめしているのと、臭みを落とすためです。

 

 

川の魚って普段なかなか食べませんけど

鮭って産卵期に川を上りますよね。

なので鮭は川の魚として料理するのです。

 

 

これに気を付けていただくと魚を美味しく焼き上げることができます。

 

 

グリルを使わないから片付けが楽

 

グリルを使ったときの何が嫌かって掃除が面倒なこと。

フライパンで焼くと掃除が簡単にできます。

 

フライパンで焼くときはフライパンにクッキングシートをしいて

焼くと魚の皮がフライパンにくっつかないので後片付けが楽です。

 

 

 

フライパンも普通のフライパンではなく、魚焼き専用のフライパンを使うことで

身が引っ付きにくいですし、綺麗な焦げ目をつけることができます。

 

 

まとめ

 

グリルがないからVamo.の購入を悩んでいる方も

フライパンを使えばグリルがなくとも魚を美味しく焼くことができます。

 

魚が以外のグリル料理も少しの工夫で美味しく作ることができるので

Vamo.を買っても満足していただけると思います。

 

 

Vamo.の公式サイトを見てみる

↓    ↓    ↓