ガスコンロを買い替え時期はいつなのでしょうか?

 

そりゃもちろん壊れてからでしょ!!

 

確かにそうです。

 

しかしガスを扱う機器である以上
長年の経過で少しずつガスが漏れているのに気づかず
一酸化中毒になる危険性があるのです。

 

そうならないためにも
なんかおかしいな?と感じた辺りでぜひ確認をしてください。

 

 

そもそもガスコンロの寿命はいつ?

 

ガスコンロの寿命は10~15年と言われています。

 

しかしこれは目安であって
どのような使い方をしているのかで寿命は変わってきます。

 

例えば掃除をこまめにしていなければ、食材や油などがコンロにこびりつき

こびりついたものが炎にあぶられ炭になり、バーナーの穴を詰まらせることも考えられます。

そうなると不完全燃焼になるためにガスコンロの寿命が短くなってしまいます

 

 

また10年以上前の物でも全然問題なく使えるという方もいらっしゃると思います。

 

問題なく使えるのならそのまま使うのもありですが、

10年以上前のものになるとメーカーに交換部品がありません

つまり修理できません

 

それに複数口のガスコンロの場合、こっち側の炎はでないけど
まだこっちは使えるなのように、同時に使えなくなることはあまりありません。

 

一番良く使う口の方、

壁の反対側の口を火力が強いためによく使うかと思いますが

そこから壊れていくことがほとんどです。

 

その場合、その口だけを治すということはできず

新しいものを買うしかないのです。

 

 

さらに2008年以降のコンロは不完全燃焼が起きないように
安全装置がついています。

 

しかし、それ以前のコンロになると安全装置がついていません

さらに2008年以降でも長年の経過によって安全装置が正常に作動しないこともあります。

 

不完全燃焼がおきればガスを吸い

中毒になることもあるために危険なのです。

 

 

ガスコンロの寿命が来たことを表すサイン

 

火がつかない

 

寿命が近づいてくると、

ガスの出が悪くなってなかなか火がつかなくなります。

 

これが出たからと言って間違いなく寿命が来ているというわけではなく、
ただただ電池切れだったと言う事も考えられるので
まずは電池を交換してみましょう。

 

 

火が途中で消える

調理しているときに突然火が消えるという症状がでれば
寿命のサインかもしれません。

 

これも上記と同じで電池切れの可能性もあるのでまずは電池を見てほしいのですが

電池に問題がない場合は寿命のサインと言えます

 

なぜ火が消えるのかというと

通常時と比べてガスの供給している量が減ってしまうために

炎が消えてしまうからです。

 

それだけではなく、火が消えているのにガスが供給されている場合があるために
部屋にガスがどんどん入り込み一酸化中毒になる危険性があります。

 

そのためガスが途中で消えるような状態になれば

ガスの元栓を必ずしめてください

 

もし
火が消えているのにガス警報器がなった場合は

ガスが漏れているのですぐに業者に連絡することが必要です

 

ガスコンロを交換する方法

壊れているのが分かったから

「よし取り外そう」 となりますが、
コンロを取り外すのに業者を呼ぶ必要がある場合があります。

 

それはビルトインガスコンロの場合です。

 

ビルトインガスコンロはキッチンに埋め込まれているタイプのガスコンロになります。

そのため自分で取り外すことができず業者を呼ぶ必要があるのです。

最近の一軒家ではビルトインガスコンロが主流です。

 

ちなみにビルトインガスコンロは大きさが決まっているので
コンロの大きさを変えたい場合は改修する必要があります。

 

 

自分で取り外すことができるのはガステーブルです。

コンロが置けるスペースにコンロを置くタイプをガステーブルと言います。

 

ガステーブルの交換方法は

まず、ガスの元栓を閉めて説明書どおりに取り外してください。

 

そしてコンロだけでなくホースも交換しましょう。

ホースも長い間使っていると劣化しますのでこの際ですから交換しましょう。

 

ホースは都市ガスかプロパンガスかで違いますがホースの色を見れば分かります。

プロパンガスはホースの色がオレンジ、

都市ガスの場合、白っぽい色をしているので一目でわかると思います。

 

 

一人で取り外すのが困難な場合
業者に頼む方法もあります。

 

壊れてから交換するのではコンロが使えるまで数日かかる

 

壊れてからコンロを選んで購入して取り外して取り付ける

という作業は一日では終わりません。

 

そのため今家で使っているコンロが何日経っているのか

を調べておき、時期をみて買い換えるようにしておきましょう。